積み木と紙幣

これからの不動産投資はシェアハウスがおすすめ

滞納家賃の回収

男女

家賃債務保証会社は、家賃を滞納した利用者の代わりに貸主に家賃を立て替え払いを行ない、利用者から立て替え分の回収を行なっています。これにより、貸主は利用者とのトラブルを回避し、家賃収入を得ることができます。

詳細へ

マンション経営

集合住宅

マンション経営を行なう時は、一棟の購入ではなく一室購入し、購入した部屋を利用者に貸し付ける方法が一般的です。ローンを組むことで、初期資金が少なくてもマンション経営を行なうことができます。

詳細へ

これからの不動産投資

お金と家

若い人を中心に利用者の多いものにシェアハウスがあります。シェアハウスとは、複数の入居者が同じ物件に住み、リビングやバス、トイレなどの基本的な設備を共有して生活をすることができる物件のことです。シェアハウスを利用している人にとっては、一人で部屋を借りるよりも少ない家賃で利用ができるので人気を集めています。シェアハウスを利用する人は年々増えています。そこで、不動産投資を検討しているのならシェアハウスを経営してみてはいかがでしょうか。シェアハウス投資は、まず利用者の多さが挙げられるでしょう。不動産投資は利用者がいなければ、収益はありません。利用者の多さではシェアハウスが軍を抜いているともいえます。また、複数の入居者がいるので、それぞれから家賃を徴収することが可能です。そのため、収益性の高さが期待できます。広い物件を用意できれば、それだけの人に利用してもらうことが可能です。物件が広ければ、その分部屋を分割することができ、空室率も抑えることが可能です。シェアハウスを利用する側も、家賃を抑えて利用することができますが、投資を行なう側はシェアハウスが利用されている部屋分の家賃を徴収することができるので、月に7万円のエリアでもそれ以上の収益を見込むことができるのです。また、一部屋空きが出たとしてもそれ以外の部屋には入居者がいる状態なので、家賃収入がなくなることはありません。不動産投資としては、安定した収益を得ることができる方法といえるでしょう。

初めて投資を行なうなら

スーツの男性

不動産投資は、長期に渡って安定した収入を得ることができる投資方法です。人工が多く、賃貸の需要が高い土地で物件を購入することで、入居者不在の状態を防ぐことができます。

詳細へ