マンション経営|これからの不動産投資はシェアハウスがおすすめ
家とお金

これからの不動産投資はシェアハウスがおすすめ

マンション経営

集合住宅

マンション経営は、今や不動産投資を行なう人の間では一般的な物となりました。マンション経営は、マンションを一棟まるごとを経営するのではなく、マンションの中から一室購入し、その部屋を賃貸物件として利用することで収益を得る方法です。この方法は、ワンルーム投資とよばれています。このワンルーム投資によって収益を上げることができれば、経営する部屋を増やすことも可能です。マンション経営による利益は、利用者から毎月支払われる家賃になります。初期資金が少なくても、利用者からの家賃でローンの支払いができるのも魅力の1つです。マンション経営を行なう時のローンの組み方として、ローンの設定額は毎月の家賃などを合計した金額にするといいでしょう。マンション経営で組んだローンを完済したあとは、家賃はマンション経営者のものになります。年金生活をすることを考えると、完済するまでの年齢も考慮してローンを組むのも1つのポイントです。また、マンション経営の立地が良ければ利用者はすぐに決まるでしょう。購入したマンションの設備を充実させることも、利用者獲得のカギになります。

自ら仲介を不動産業者に依頼するよりも、マンション経営を行なう時はマンションを販売する業者を選ぶ時に入居者の仲介を行ってくれる業者を選ぶといいでしょう。そうすることによって、マンション経営を行なう上で一番気にかけなくてはいけない利用者不在を防ぐことができます。