滞納家賃の回収|これからの不動産投資はシェアハウスがおすすめ
家とお金

これからの不動産投資はシェアハウスがおすすめ

滞納家賃の回収

男女

賃貸物件を契約するには、どの物件でも連帯保証人を立てるのが一般的です。しかし、近年その連帯保証人を立てるのが難しい社会になっています。高齢者の一人暮らしや、親族などに連帯保証人を依頼するのが難しいという人が増えたからです。家賃債務保証サービスは、連帯保証人に代わって一時的ではありますが、立て替え払いを行なうというものです。物件利用者が、家賃債務保証を行なっている会社に保証料を支払うことで、物件の責務保証を委託することが可能です。責務保証を委託することで、連帯保証人を立てることなく賃貸を利用することができます。物件の利用者が家賃を滞納した場合、家賃債務保証会社がその家賃分を立て替えし、貸主へ支払います。家賃債務保証会社が、利用者に代わって滞納した分の家賃を立て替えることによって、貸主が物件利用者から滞納分の家賃を請求する手間を省くことができます。家賃債務保証が利用者から立て替えた分の家賃を回収するので、貸主が行なうことはありません。家賃滞納で収益を失うリスクを抑えることができるのです。立て替えられた分の家賃は後日、家賃債務保証会社が利用者へ請求する形になります。また、家賃債務保証を利用することで、利用者とのトラブルも回避することができます。さらに連帯保証人を立てることが難しい利用者でも、賃貸物件を利用できるようになることで、入居率を上げることもできます。これからの賃貸物件運営には、必要なシステムといえるでしょう。